副業の選び方について

さまざまな副業があるなか、はじめての方からベテランまでさまざまな取り組みがあります。
もちろん、その選び方についても人それぞれでしょう。その選び方について具体的に挙げていきたいと思います。
まず、わかりやすいのは収入第一の考え方です。独立を果たすという思いはないとしても、できるかぎり、収入が欲しいというパターンの方々になります。場合によっては、10万円以上という場合もあるでしょう。注意すべきはここまでいくと本業とのバランスを欠いてしまい、最終的に本業との兼業ができなくなるということになりかねません。
次にいずれは独立を果たすことを目指して、副業に取り組む場合です。こちらは本当に副業を通じて、スキルアップを目指しているはずです。例えば、自らのスキルであるプログラム、ライティング、ネーミング、デザイナーなどが本業をもちながら副業を通じてスキルアップをはかり、最終的には独立を目指すというものです。
また、少し違うのはギグワーカーです。こちらは企業にも所属せず、単発で業務を請け負いながら生計を立てるものです。実際にはこの働き方がかなりふえてきています。こうした方々の特徴としては縛られることもなく、かつ収入にも留意したいというパターンです。
特に最近はワーカーのためのオフィス環境も整いつつ働く環境が整うことが後押ししていることはいうまでもありません。
課題としては、今はギグワーカーと呼ばれていますが、言い方を変えればフリーターとも言われ、社会的な保証がなされていないがため、いざというときにどうしようもないということになりかねません。
社会インフラとして個人事業主の社会インフラの整備はこれまで以上に考慮していかねばなりません。逆に働く側としても自らどうすべきか考えねばならないでしょう。
そして、完全にお小遣い稼ぎのための副業です。実際、企業もさまざまな仕事をクラウドソーシングを通じて外注しているくらいです。それでもクオリティを保持しながら業務を遂行できると考えています。もちろん、業務上の保持すべき秘密などを守りながら継続するのは当たり前の流れでしょう。
こうして、さまざまなニーズに合わせて誰もが副業をすすめることができる時代です。きっと誰もが副業に取り組み、社会の一部としてうまく稼働していくことがこれからはさらに加速していくでしょう。極端に言えば、日本の社会インフラの大きな分岐点ともいえるかもしれません。

副業の選び方について
トップへ戻る